ビットコインや仮想通貨の取引所を徹底比較!

基礎知識

ビットコインとは

関連のニュースを聞かない日がないほど大きな話題になっている「ビットコイン」。とはいえ、まだ取引をしたことのない方は、ビットコインがどういうモノであるか全く意味が分かっていない方も多いのではないのでしょうか?

 

ここではビットコインの基本としての仕組みに加えて、メリット・デメリットを交えてご紹介していきます。

 

ビットコインって何?

ビットコインというのはいわゆる「仮想通貨」です。お金であることには変わりありませんが、目に見える硬貨などとは異なります。また仮想通貨ともイコールではありません。両者は目的が違います。

 

・仮想通貨

→特定の企業などが顧客の囲い込みにより利益を上げることを目的とする

 

・ビットコイン

→経済活動を円滑にする一般的な流通通貨を目標としている

 

分かりやすく例えるなら、課金してゲームをするときに使用するお金と同種です。またウェブマネーのように音楽のダウンロードに使うものとも同じです。

 

ちなみにビットコインの通貨単位は、BTCであり、1ビットコインと表現されます。

 

 

ビットコインの仕組みと用途

ではビットコインの仕組みについて確認していきましょう。

 

通常の円やドルであれば管理しているのは国ですが、ビットコインの場合は国でもなく企業でもありません。

 

では誰が?という問題になりますが、コンピューターのネットワークを利用することで管理がなされています。

 

つまり、「ビットコインの売買履歴」「ビットコインで行った取引の詳細」などがコンピューターのネットワーク上に全て記録されていくのです。それも、1つの場所にだけ保存されているのではなく、分散されたコンピューター上に同じものが記録されています。

 

次にビットコインはいったい何に使えるのか?というと、物やサービスの対価として使用することが可能です。これは特定の企業間や個人間のみといった制約もありません。つまり現在使用しているお金と同じように使えます。(※ただし、ビットコインでの決済を個人・企業側が認めている場合に限る。)

 

 

ビットコインのメリットとデメリット

運営し管理している中央銀行がないにも関わらず機能を果たす特異さがあるビットコインのメリットとデメリットを確認していきましょう。

 

<ビットコインのメリット>

まず3つのメリットをご紹介していきます。

 

1.個人間の直接送金が可能

 

一般的にお金を送金するときは銀行を介して行います。しかしビットコインは銀行を経由せずに、直接ビットコインを送れます。目に見えない通貨ですがデータ上で増減するので、ちょうどお財布の中身が増えたり減るのと同じです。

 

2.手数料が格安もしくは無料

 

中央銀行がない為、誰かが実際に送金をしたりデータ管理をするわけではありません。つまり送金手数料のようなものは基本的には不要です。しかもリアルタイムに受け渡しが出来るのもメリットです。

 

3.制限がない

 

銀行を介さず決済を行うため、煩わしい制限は皆無です。また現在流通されているお金だと通貨単位が違うため、換算レートで金額も変わってきますが、ビットコインではその心配もありません。

 

<ビットコインのデメリット>

では、ビットコインのデメリットも3つご紹介していきます。

 

1.投機的リスクがある

 

暴騰暴落を繰り返しているという観点からは投機的リスクを伴います。またお金と違い実態がなく通帳ではなくデータとしてのみ管理されているので、データ以外には証明するものがありません。

 

2.アドレスが長く間違えやすい

 

ビットコインを取引するアドレスは27文字から34文字の英数字から成り立っています。ここまで長いと取引でアドレスを間違える機会も起こりうるでしょう。また、ビットコインは同じくビットコインを利用している人の間でしか使えません。

 

3.匿名性があるので犯罪にも利用されやすい

 

匿名性があるのはメリットにもなりえますが、一方で犯罪にも利用されやすいという側面があります。実際にマネーロンダリングに利用されているケースもあると指摘されています。

 

ビットコインは中央機関がなくデータとして管理され、一般的流通通貨を目指す次世代通貨なのです。

自分に合った取引所を選ぶことが大切です!

ポジティブなもの・ネガティブなもの含めニュースでも取り上げられる機会が多くなるにつれ、仮想通貨やビットコインについて興味を持ち始めている方も多いのではないでしょうか。

 

仮想通貨投資をスタートするにあたって、まず最初に行うことは取引所の選択です。そして、自分の投資スタイルに合った取引所を選ぶことがとても大切です。

 

例えば、「ビットコインの現物取引のみがしたい」という方と「高レバレッジで信用取引がしたい」という方では選ぶべき取引所は異なります。また、取引所の安全性を第一に考えて「金融庁認可済みの取引所を選びたい」という方や、「リスクやネムといった特定のアルトコインを買いたい」という方もいるでしょう。

 

当サイトでは、国内にある取引所を15社以上掲載しており、自分の希望する条件で絞り込み検索ができるようになっております。是非とも、取引所選びの参考にされて下さい。

 

※仮想通貨はボラティリティ(価格変動)が大変大きなものとなっておりますので、細心のご注意を払ってのお取引をお願い申し上げます。

仮想通貨取引所を検索する

  • 取扱仮想通貨

  • 総合評価

  • 金融庁認可

  • スマホアプリ対応

  • 最大レバレッジ

PAGE TOP