ビットコインや仮想通貨の取引所を徹底比較!

基礎知識

取引所と販売所の違い

仮想通貨の取引所の形態として、「取引所」と「販売所」の2パターンがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので見ていきましょう。

 

取引所について

・株式と同じように、仮想通貨を買いたい人・売りたい人が注文を出し、双方の売買価格が一致する時に取引が成立する形式(板形式)。
・手数料は販売所に比べて安いことがほとんど。
・相場状況によってはなかなか約定しないこともある。

 

<ビットフライヤーのビットコイン取引所>

 

販売所について

・販売所を運営している企業から直接仮想通貨を購入をする形式。
・販売所が提示する価格で確実にビットコインを売買することが可能。
・手数料がやや高めなのがデメリット。

 

<ビットフライヤーのビットコイン販売所>

 

注意点など

・ビットフライヤーなど、取引所と販売所の両方の機能を備えている取引所は、基本的には取引所で売買をした方が得なケースが多い。

・ただし、相場が急変して取引所では注文が約定しないなどの際は、必ず約定する販売所があることも頭に入れておきましょう。 

・また、例えば上の取引所の板のケースで「1BTCを成行で注文」した際には、現在の最安値である「1,237,907円(売数量0.14BTC)」から合算していって1BTCになるまで価格が吊り上がる。そのため、大量に注文した際などには思わぬ価格で約定してしまうこともある。

自分に合った取引所を選ぶことが大切です!

ポジティブなもの・ネガティブなもの含めニュースでも取り上げられる機会が多くなるにつれ、仮想通貨やビットコインについて興味を持ち始めている方も多いのではないでしょうか。

 

仮想通貨投資をスタートするにあたって、まず最初に行うことは取引所の選択です。そして、自分の投資スタイルに合った取引所を選ぶことがとても大切です。

 

例えば、「ビットコインの現物取引のみがしたい」という方と「高レバレッジで信用取引がしたい」という方では選ぶべき取引所は異なります。また、取引所の安全性を第一に考えて「金融庁認可済みの取引所を選びたい」という方や、「リスクやネムといった特定のアルトコインを買いたい」という方もいるでしょう。

 

当サイトでは、国内にある取引所を15社以上掲載しており、自分の希望する条件で絞り込み検索ができるようになっております。是非とも、取引所選びの参考にされて下さい。

 

※仮想通貨はボラティリティ(価格変動)が大変大きなものとなっておりますので、細心のご注意を払ってのお取引をお願い申し上げます。

仮想通貨取引所を検索する

  • 取扱仮想通貨

  • 総合評価

  • 金融庁認可

  • スマホアプリ対応

  • 最大レバレッジ

PAGE TOP